アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
バスラーのシネ通
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
バスラーのシネ通vol2017-40-817「グレートウォール」
「グレートウォール http://greatwall-movie.jp/」6点 世界的に有名な中国人監督チャン・イーモウが人海戦術とCGを駆使したスペクタクル作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/22 16:05
バスラーのシネ通vol2017-39-816「はじまりへの旅」
「はじまりへの旅 http://hajimari-tabi.jp/」6点 今年のアカデミー主演男優賞にノミネートされたりカンヌ映画祭でも大きな賞を獲ったりと話題の映画です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/20 18:46
バスラーのシネ通vol2017-38-815「午後8時の訪問者」
「午後8時の訪問者」6点 久しぶりに有楽町に行って映画を観てきました。 本格的なサスペンスかと思ったのですが、ほとんどサスペンス的要素はありませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/20 18:30
バスラーのシネ通vol2017-37-814「LION/ライオン〜25年目のただいま〜」
「LION/ライオン〜25年目のただいま〜 http://gaga.ne.jp/lion/」6点 今年のアカデミーで作品賞、助演男/女、脚色等6部門にノミネートされた実話を基にした感動作です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/15 19:02
バスラーのシネ通vol2017-36-813「ハードコア」
「ハードコア」5点 映画と観衆がシンクロ(同期)するというキャッチコピーに興味があって観ました。 簡単に言うと主人公の目線で観衆も観ているような状態、つまりはカメラを頭につけて撮影したと思われる 映像で余りの動きの速さに船酔いのような気分になって映画を観る余裕がありませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/13 17:20
バスラーのシネ通vol2017-35-812「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」
「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命 http://jackie-movie.jp/」6点 MOVIX昭島で観ました。 「ブラックスワン」で待望のオスカーを獲得したナタリー・ポートマンが主演し同じく監督のダーレン・アロノフス キーがプロデュースした今年のアカデミーノミネート作です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/13 16:41
バスラーのシネ通vol2017-34-811「ムーンライト」
「ムーンライト http://moonlight-movie.jp/introduction/index.html」7点 今年のアカデミー作品賞に輝いた話題の作品です。 助演男優賞も受賞したのですが、私的には?です。登場するのは前半の部分のみで確かに重要な役割 ではありますが、ちょっと納得がいきません。昨年から白人至上主義的な批判をかわす狙いで黒人俳優 を優先させたのではと穿った気持ちが出てしまいます。 でも、ストーリーはさすが受賞するだけの重みと風格がある出来栄えでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/12 17:29
バスラーのシネ通vol2017-33-810「ゴースト・イン・ザ・シェル」
「ゴースト・イン・ザ・シェル http://ghostshell.jp/」6点 日本のSF漫画をベースに実写化した話題作です。 監督や役者として日本よりも海外での評価が高いビートたけしが公安9課の課長役で出演しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/07 17:19
バスラーのシネ通vol2017-32-809「おとなの事情」
「おとなの事情 http://otonano-jijyou.com/」6点 新宿シネマカリテで観ました。 イタリア映画らしく風刺とユーモアを兼ね備えたコメディー作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/06 11:29
バスラーのシネ通vol2017-31-808「サラエヴォの銃声」
「サラエヴォの銃声 http://www.bitters.co.jp/tanovic/sarajevo.html」6点 新宿シネマカリテで観ました。 同じ監督作「汚れたミルク」が上映されていて、どちらを観ようか迷った末に本作に決めました。 常に社会問題に関わる人間ドラマを扱って鋭い観察力と表現性で評論家からは高い評価を受けています。 ベルリン国際映画祭で二冠に輝き、本年度アカデミー賞®外国語映画賞ボスニア・ヘルツェゴビナ代表に選出 された話題作です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/06 10:56
バスラーのシネ通vol2017-30-807「パッセンジャー」
「パッセンジャー http://www.passenger-movie.jp/」6点 出演者が4名のみという効率的なSF作品です。 今年のアカデミー作曲賞と美術賞にノミネートされました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/31 17:57
バスラーのシネ通vol2017-29-806「キングコング:髑髏島の巨神」
「キングコング:髑髏島の巨神http://wwws.warnerbros.co.jp/kingkong/#introduction」6点 キングコングを扱った映画は数多くあって日本でも怪獣映画として東宝で作られて私も子供の頃にモスラやゴジラ と一緒に見た記憶があります。 アメリカ映画ではエンパイアビルに登ったシーンが有名で、私が覚えているのはジェシカ・ラングがヒロインを演じ た映画です。この作品では報道カメラマン役のブリー・ラーソンがヒロインです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/30 16:37
バスラーのシネ通vol2017-28-805「SING/シング」
「SING/シング http://sing-movie.jp/」6点 基本的にアニメは私の守備範囲ではありませんが、この作品では数多くのヒット曲が動物のアニメの吹替え で歌われるので興味があったのと、立シネの音響重視の極上音響で聞けるという理由から観ました。 春休みに入ったせいか劇場には学生らしきグループで平日にも関わらず盛況でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/28 15:39
バスラーのシネ通vol2017-27-804「わたしは、ダニエル・ブレイク」
「わたしは、ダニエル・ブレイク http://danielblake.jp/」6点 イギリスの庶民派監督ケン・ローチ作品で、一旦引退しながら貧困の格差に心を痛めて再度メガホンをとった 作品です。 以前観たスエーデン製「幸せなひとりぼっち」と同じテーマで止む無く職を失ったシニアがセイフティーネット 綻びからこぼれて行政の仕組みに翻弄される庶民を描いて社会を風刺しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/03/28 15:20
バスラーのシネ通vol2017-26-803「アサシン クリード」
「アサシン クリード http://www.foxmovies-jp.com/assassinscreed/caststaff.html」6点 人気ゲームの実写版だそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/21 16:23
バスラーのシネ通vol2017-25-802「アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発」
「アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発http://next-eichmann.com」6点 新宿シネマカリテで観ました。 ナチスを題材にした実話物が多くて「アイヒマンを追え」を最近観たので同じアイヒマンものと言うので興味が あってわざわざ新宿まで観に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/16 16:17
バスラーのシネ通vol2017-24-801「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」
「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う http://ame-hare-movie.jp/」6点 新宿シネマカリテで観ました。 今、私の中で最も気になる俳優の一人であるジェイク・ギレンホール主演のシリアス作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/16 15:57
バスラーのシネ通vol2017-23-800「ロスト・エモーション」
「ロスト・エモーションhttp://aoyama-theater.jp/feature/mitaiken2017」6点 ヒューマントラスト渋谷で観ました。 私がリスペクトしているリドリー・スコットがプロデュースしているSF作品なので何としても観たくてラスト上映に 間に合わせて観てきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/11 14:32
バスラーのシネ通vol2017-22-799「エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフ
「エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方」6点 ヒューマントラスト渋谷で観ました。 B級作品ですが全米でヒットしたラブコメです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/11 14:06
バスラーのシネ通vol2017-21-798「マン・ダウン 戦士の約束」
「マン・ダウン 戦士の約束 http://mandown-movie.com/」6点 タイトルのマン・ダウンとは海兵隊の中で使われる隠語で兵士が負傷したりして倒れることを表しているそうで すが、作品では親子の間の約束事で「愛しているよ」という意味の合言葉になっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/07 18:52
バスラーのシネ通vol2017-20-797「ラビング 愛という名前のふたり」
「ラビング 愛という名前のふたり http://gaga.ne.jp/loving/」6点 2ケ月ぶりにチッタ川崎で観ました。 主演のルース・ネッガがアカデミー主演女優賞にノミネートされた実話を基にした感動作です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/07 18:26
バスラーのシネ通vol2017-19-796「トリプルX:再起動」
「トリプルX:再起動http://www.xandercage.jp/」6点 ワイルド・スピードだと思っていたのに勘違いしていました。 予告編で、4月のワイルドスピードの最新作が上映されると知って理解した次第です。 でも、ヴィン・ディーゼルを主演にしたアクションで違いが今一判らないですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/04 15:05
バスラーのシネ通vol2017-18-795「ラ・ラ・ランド」
「ラ・ラ・ランドhttp://gaga.ne.jp/lalaland/about.html」8点 立シネの極上音楽[極音]でミュージカルに適した音響に調整されたスクリーンで観ました。 今週の月曜日に発表があったアカデミー賞で最も注目を集めた作品で監督賞、主演女優賞など6部門で受賞 と当初の予想からは少し控えめではありましたが観てみると作品賞もありかと思いました。 オープニングで最も話題になったロスの高速道路の渋滞中に次々とドライバーが歌い踊りだしすシーンは圧巻 でこれでまず観客の心を掴... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/01 16:36
バスラーのシネ通vol2017-17-794「ナイスガイズ!」
「ナイスガイズ!http://niceguys-movie.com/about.php」6点 今話題のライアン・ゴズリングがとぼけた探偵役を好演しているコメディー作品です。 共演は少しメタボ気味なラッセル・クロウ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/26 17:47
バスラーのシネ通vol2017-16-793「スノーデン」
「スノーデンhttp://www.snowden-movie.jp/about/」6点 TOHOみゆき座で観ました。 4年前に国家機密を暴露したとしてスパイ容疑をかけられたスノーデン。 テレビで知ったときは何て奴だと思ったのですがこの作品を観るとその思いが変わりました。 監督は「JFK」「プラトーン」と常にマイノリティーの目線で鋭く社会問題を描き続けるオリヴァー・ストーン。 それだけに期待してわざわざ日比谷まで出向いて観ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/21 18:54
バスラーのシネ通vol2017-15-792「王様のためのホログラム」
バスラーのシネ通vol2017-15-792「王様のためのホログラム」 「王様のためのホログラムhttp://hologram-movie.jp/」6点 TOHOシャンテで観ました。 離婚と失業といった崖っぷちの状況で一発逆転ストーリーとなればトム・ハンクスがぴったり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/21 18:26
バスラーのシネ通vol2017-14-791「たかが世界の終わり」
「たかが世界の終わり http://gaga.ne.jp/sekainoowari-xdolan/」6点 B級映画ながらフランスを代表するトップスターが結集し素晴らしい演技で見応えたっぷりの作品です。 アカデミー外国映画賞ノミネート作品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/02/17 15:39
バスラーのシネ通vol2017-13-790「ザ・コンサルタント」
「ザ・コンサルタントhttp://wwws.warnerbros.co.jp/consultant-movie/profiling/」6点 原題「THE ACCOUNTANT」はずばり会計士、なのに邦題はほとんどコンサルとは関係ないのにコンサルタント 確かに会計士では注目されず逆に何の作品?となってしまいますね。さすが、配給会社は心得ています。 監督業や製作者の顔も持つ主演のベン・アフレックだけに出演する作品にもかなり拘りがあるようで、それが 私的には観るポイントでもあります。彼の主演作... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/15 15:01
バスラーのシネ通vol2017-12-789「マリアンヌ」
「マリアンヌ http://marianne-movie.jp/」6点 アンジーと別居報道後に初めて観るブラピ作品です。 そのせいか、少し寂し気な感じがしましたが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/14 11:38
バスラーのシネ通vol2017-11-788「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」
バスラーのシネ通vol2017-11-788「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」 「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち http://www.foxmovies-jp.com/staypeculiar/cast.html」6点 鬼才ティム・バートン監督のファンタジー作品です。 特殊な能力を持った奇妙な子供たちが見所です。中にはちょっとグロテスクなものもあったりして興味深いです。 特に、白いマスクで顔を隠した双子がちょっと不気味。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/10 18:33

続きを見る

トップへ

月別リンク

バスラーのシネ通/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる