バスラーのシネ通vol2020-22-1162「霧の中の少女」

「霧の中の少女(The Girl in the Fog)http://girl-fog.jp/」6点 三週間振りにkinocinema高島屋で映画を観ました。キャパシティが小さい箱だったのでほぼ満席。 新型コロナを気にしすす観ました。映画館は基本換気は大丈夫で顔を合わせて大声で喋る訳でもないので安全だと 思いつつもやはり頭の隅には…

続きを読むread more

映画鑑賞自粛中

皆さん、新型コロナウイルス感染症で不自由な生活を余儀なくされていますが 明けない夜もなく、時間が解決してくれると信じて頑張りましょう。 小生は2/27以降映画館での鑑賞は自粛していて、自宅ではNetflixのメンバー再開で パソコン画面でオリジナル作品を観たり、録り置きしていたwowow映画を観たり して何とか映画との繋がり…

続きを読むread more

バスラーのシネ通vol2020-21-1161「スキャンダル」

「スキャンダル(BOMBSHELL)https://gaga.ne.jp/scandal/」6点 kinocinema立川高島屋で観ました。 実話をベースに巨大マスメディアであったセクハラを描いた話題作です。 最近、ハリウッドの大物プロデューサーが同じくセクハラで告発されてアカデミー授賞式でも女性が 声を大きくして語っていたのは…

続きを読むread more

バスラーのシネ通vol2020-20-1160「名もなき生涯」

「名もなき生涯(A HIDDEN LIFE)http://www.foxmovies-jp.com/namonaki-shogai/」7点 kinocinema立川高島屋で観ました。 まさにテレンス・マリックワールド。3時間近い映画ですが時間を忘れて映像に没頭しました。 固定カメラによる大自然の雄大さやのどかさ、ハンディカメラによ…

続きを読むread more

バスラーのシネ通vol2020-19-1159「チャーリーズ・エンジェル」

「チャーリーズ・エンジェル(CHARLIE’S ANGELS)」6点 立シネで観ました。公開初日にしてはお客が少なく新型コロナウィルスの影響もとうとう立川にも来たかと 感じました。 私が知っているのはキャメロン・ディアスの映画のみ。TVシリーズは観た記憶がありません。 今回は、ボスレー役のエリザベス・バンクスが監督と脚本を担当し…

続きを読むread more

バスラーのシネ通vol2020-18-1158「1917 命をかけた伝令」

「1917 命をかけた伝令(1917)https://1917-movie.jp/」7点 立シネの極上音響版で観ました。 今年のアカデミ撮影賞を獲得した話題作です。他には録音賞と視覚効果賞とスタッフを称える賞を獲得しています。 冒頭からワンカットの長回しでドイツ兵を撃って自分も気を失うシーンまでノーカット。 この撮影方法でアカデ…

続きを読むread more

バスラーのシネ通vol2020-17-1157「グリンゴ/最強の悪運男」

「グリンゴ/最強の悪運男http://www.gringo.jp/」6点 kinocinema立川高島屋で観ました。座席数27席ながら豪華なシートです。 プロデューサーも務めるシャーリーズ・セロンが珍しくハジケタ役を好演しています。 グリンゴとはスペイン語で「よそ者」という意味で、メキシコやヒスパニック系の人からはアメリカ人を指し…

続きを読むread more

「2人のローマ教皇」と「マリッジ・ストーリー」

この日本は劇場で観ることが出来ず、NETFLIXに登録してパソコンで観ましたのでカウント外。 「2人のローマ教皇」 出展:yahoo映画 解説 『シティ・オブ・ゴッド』などのフェルナンド・メイレレスが監督を務め、カトリック教会の舞台裏に迫った人間ドラマ。 教皇と枢機卿が、互いの考え方の違いを踏まえながら信者のために着地点を…

続きを読むread more

バスラーのシネ通vol2020-16-1156「ハスラーズ」

「ハスラーズ(HUSTLERS)hustlers-movie.jp/」6点 kinocinema立川高島屋で観ました。 実話を基にしたクライムムービー。あのセクシー女優のジェニファー・ロペスが50歳になってもそのセクシーさを前面 に出しての体当たりの演技が見ものです。 ーーーー出展:シネマトゥデイ 見どころ ニューヨーク…

続きを読むread more

第92回アカデミー賞

月曜日(2/10)にアカデミーの最優秀賞の発表があり、wowowで実況生放送版を観ました。 「パラサイト」が作品、監督、国際映画賞(旧外国語映画賞)、脚本賞と四冠となって大きな話題なり 今朝の番組はその話題ばかりでした。 小生の予想では国際映画賞は確実と思っていて、作品賞はもしかしたらと対抗で本命は「1917」。 監督賞…

続きを読むread more

バスラーのシネ通vol2020-15-1155「プロジェクト・グーテンベルク 贋札王」

「プロジェクト・グーテンベルク 贋札王(PROJECT GUTENBERG) www.gansatsuou.com/」7点 立シネで観ました。 最近は洋画オンリーからアジア映画も守備範囲にして観ています。 やはり、秀作や話題作は観ておかないと話にならないと思うのと、レベルが数年前から格段に上がった気がします。 ーーーー出展:…

続きを読むread more

バスラーのシネ通vol2020-14-1154「グッドライアー 偽りのゲーム」

「グッドライアー 偽りのゲームhttp://wwws.warnerbros.co.jp/goodliar/about.html」6点 立シネで観ました。 映画はさておき、やはりららぽーと立川立飛近くにTOHOシネマズ立川が9/10にオープンすると発表がありました。 9スクリーンのシネコン。これでまた選択肢が増えて都心まで出なくて秀…

続きを読むread more

バスラーのシネ通vol2020-13-1153「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」

「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(KNIVES OUT) https://longride.jp/knivesout-movie/」6点 kinocinema高島屋で観ました。 今年のアカデミー脚本賞にノミネートされています。 これを観る前に「9人の翻訳家」を観ていて、こちらは本格的な謎解きで余り書きすぎるとネタばれになり…

続きを読むread more

バスラーのシネ通vol2020-12-1152「バッドボーイズ フォー・ライフ」

「バッドボーイズ フォー・ライフ(BAD BOYS FOR LIFE)https://www.badboys-movie.jp/」6点 立シネの極上音響版で観ました。 あの壊しやマイケル・ベイが製作しただけあってアクションというかドタバタが半端じゃない。 1995年の第一作から25年経ってもそのスタイリッシュさは健全? ーー…

続きを読むread more

バスラーのシネ通vol2020-11-1151「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」

「9人の翻訳家 囚われたベストセラー(THE TRANSLATORS)」6点 立シネで観ました。 なかなか面白い推理映画です。 クリスティー「オリエント急行列車」を思わせたり、オルガ・キュリレンコやリッカルド・スカマルチョなど有名な 俳優が出演していて思わせぶりな演技やシーンに惑わされ・・・・、あーネタバレになりそうなのでここま…

続きを読むread more

バスラーのシネ通vol2020-10-1150「ペット・セメタリー」

「ペット・セメタリー(PET SEMATARY)https://petsematary.jp/」6点 kinocinema立川高島屋SCで観ました。 スティーヴン・キング原作本をベースに作られた作品です。 このところスティーヴン・キング原作の映画が多く作られていてほぼ全て観ています。 さすがに「シャイニング」「ショーシャンクの空…

続きを読むread more

バスラーのシネ通vol2020-9-1149「キャッツ」

「キャッツ(CATS)https://cats-movie.jp/」6点 立シネの極音バージョンで観ました。 アメリカの映画評論サイトでは散々な評価だそうです。製作費は100憶円超えながら興行収入はその半分も 達していない、更に余りにもリアルすぎて気持ちが悪いとの評価です。 私的には、CGやメイクアップ技術が大きく進化した今の時…

続きを読むread more

バスラーのシネ通vol2020-5-1145「ティーンスピリット」

「ティーンスピリット(TEEN SPIRIT)https://teenspirit.jp/」6点 立シネの極上音響版で観ました。 私の好きな女優の一人であるエル・ファニング主演作で彼女の作品はほぼほぼ観ています。 何時もならくこういったB級作品は都心まで遠征するケースが多かったのですが立シネで上映されてラッキーです。 恐らく、k…

続きを読むread more

バスラーのシネ通vol2020-4-1144「パラサイト 半地下の家族」

「パラサイト 半地下の家族(PARASITE)http://www.parasite-mv.jp/」7点 kinocinema立川高島屋で観ました。テレビの宣伝効果か平日ですが満員でした。 洋画至上主義の私が韓国映画を観るのはこれが初めて。 今年のアカデミーの作品賞、外国語映画賞にもノミネートされている話題作、観ない訳にはいかない…

続きを読むread more

バスラーのシネ通vol2020-2-1142「ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋」

「ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋(LONG SHOT)http://longshot-movie.jp/」6点 kinocinema立川高島屋で観ました。 大人の恋のおとぎ話みたいな作品です。 ーーーー出展:シネマトゥデイ 見どころ 才能あふれる国務長官とさえないジャーナリストが織り成すラブコメディー。『タリーと…

続きを読むread more

バスラーのシネ通vol2020-1-1141「アイリッシュマン」

「アイリッシュマン(THE IRISHMAN)」7点 令和2年最初の作品は立シネで観ました。 Netflix配信作でどうしても観たかったのでNetflixに入会しようと考えていたら2週間限定でシネマシティで上映されると 知って直ぐに観ました。 まるで「ゴッドファザー」の同窓会みたいな出演陣、ロバート・デ・ニーロにアル・パチーノも…

続きを読むread more

2019年総括

今年も後、数時間を残すばかりとなりました。 毎年恒例の映画鑑賞総括です。今年は過去最高の133本の映画をスクリーンで観ました。 また、7月には16本を観てこれも月間過去最高記録となりました。 記録更新の年を総括すると、kinocinemaが立川高島屋にオープンしたことが記録更新の大きな 要因です。都心まで出て観ていたころは見逃し…

続きを読むread more

バスラーのシネ通vol2019-132-1139「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」

「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(STAR WARS: THE RISE OF SKYWALKER) https://starwars.disney.co.jp/」10点 立シネの極爆音上映でついに観ました!!!! エピソードⅨで新シリーズ最後の作品でスターウォーズもこれが最後との噂?で盛り上がりが尋常ではありません。…

続きを読むread more

バスラーのシネ通vol2019-131-1138「ある女優の不在」

「ある女優の不在(3faces)http://3faces.jp/」6点 kinocinema立川高島屋SCで観ました。 先週観たケン・ローチ監督作の「家族を想うとき」はイギリス社会の現状、特に庶民の生活を鋭く描いていましたが 本作はイラン人監督のジャファル・パナヒがイランの女性蔑視の現実を声高らかに描いています。 ーーーー…

続きを読むread more

バスラーのシネ通vol2019-130-1137「家族を想うとき」

「家族を想うとき(SORRY WE MISSED YOU)https://longride.jp/kazoku/」6点 いつの間にか年間数を更新していました。昨年117本を観て記録だったのが今年すでにその記録を超えていました。 やはり立川に新たにkinocinema立川高島屋というスクリーンが誕生したのが要因でしょうか。 この作品…

続きを読むread more