バスラーのシネ通

アクセスカウンタ

zoom RSS バスラーのシネ通vol2018-071-961「死の谷間 」

<<   作成日時 : 2018/07/12 15:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「死の谷間(Z FOR ZACHARIAH) http://hark3.com/shinotanima/」6点
新宿武蔵野館で観ました。
「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」で素晴らしい演技と合わせて
猛特訓したスケーティングの腕前でアカデミー賞候補となったマーゴット
・ロビー主演のサスペンス作品です。
初代スパイダーマンのドビー・マグワイアがプロデューサーとして参加
しているのも注目です。

----出典:シネマトゥデイ
見どころ
『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』でアカデミー賞候補になった
マーゴット・ロビーを主演に迎え、ロバート・C・オブライエンの原作を映画
化したサスペンス。
世界中で唯一放射能汚染にさらされなかった場所で出会った、1人の女性
と2人の男性の関係を描く。
『それでも夜は明ける』などのキウェテル・イジョフォーと『スター・トレック』
シリーズなどのクリス・パインらが共演。
あらすじ
全てが死の灰に覆われた世界で、自分をただ1人の生存者だと思っている
アン(マーゴット・ロビー)は、唯一放射能汚染を免れた小さな谷“第二の
エデン”で愛犬と暮らしていた。ある日、彼女は珍しい車両と、防護服を
身につけた黒人男性ジョン(キウェテル・イジョフォー)を見つける。
彼は汚染された滝の水を浴びて体に変調を来すが、アンのおかげで助
かる。
-----

創世記のアダムとイブと同じように自分たちだけが残り人類の未来を
託された二人は、そこに新たな男が加わったことで微妙なずれが生ま
れます。
男は、白人同士仲良くなればと嫌味を言い、女は一時の迷いというが
果たして本心は、後から加わった男は自分が招かれざる客だと感じ
それぞれの思いが交錯し、そしてラスト・・・・
果たして、ケイブルという男は南に旅立ったのでしょうか?
オルガンを弾くアンの気持ちは、そして傍で聞くジョンが何故か下を
向いたまま・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
バスラーのシネ通vol2018-071-961「死の谷間 」 バスラーのシネ通/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる