バスラーのシネ通

アクセスカウンタ

zoom RSS バスラーのシネ通vol2017-88-865「ポルト」

<<   作成日時 : 2017/10/12 15:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「ポルト http://mermaidfilms.co.jp/porto/」6点
新宿の武蔵野館で観ました。
ポルトガル第二の都市、ポルトで人生の目標が見出さないでいるアメリカ人青年と恋人が
居ながらも刺激を求めるフランス人留学生の行きずりの恋を描いた作品です。
時間が76分と近頃の映画では短い作品です。

----出典:シネマトゥデイ
見どころ:『ブロークン・フラワーズ』などのジム・ジャームッシュ監督が製作総指揮に名を連ねた
ラブストーリー。ポルトガル北部の都市を舞台に、アメリカ人男性とフランス人女性が織り成す
恋の行方を追う。監督はゲイブ・クリンガー。『グリーンルーム』などのアントン・イェルチンと、
テレビなどで活動してきたリュシー・リュカが主演を務める。
共演は、『ママと娼婦』などのフランソワーズ・ルブラン、テレビシリーズやショートフィルムなど
に出演しているパウロ・カラトレら。
あらすじ:ポルトガル北部にある港湾都市・ポルト。家族に見放されてしまった26歳のアメリカ人
ジェイク(アントン・イェルチン)と、恋人と一緒にこの地にやってきた32歳のフランス人留学生
マティ(リュシー・リュカ)は、考古学調査の現場でお互いの存在を意識する。
カフェでマティを見つけたジェイクは彼女に声を掛け、その後一夜を共にする。
-----

カフェで偶然再会した二人は意気投合して甘い恋のアバンチュールを過ごします。
この二人の情熱的なベットシーンが長回しで描かれていて、かなりの時間を使って演じられます。
抱き合いながらも何故か不安におびえるジェイク、恋人のことを意識しながらも知らず知らずに
青年に好意を抱いていくマティ。二人の心が揺れ動く様を上手く演じていて音楽ともマッチしてい
て大人の恋の物語になっています。
なお、主演のジェイクを演じたアントン・イェルチンが2016年他界し、これが遺作となってしまい
ました。
またスーパー8、16ミリ、35ミリとあらゆるフィルムを駆使して描かれるのは、過去と現在、そして
未来の記憶のようで一層ポルトの町の風景を効果的に演出しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
バスラーのシネ通vol2017-88-865「ポルト」 バスラーのシネ通/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる