バスラーのシネ通

アクセスカウンタ

zoom RSS バスラーのシネ通2017-46-823「カフェ・ソサエティ」

<<   作成日時 : 2017/05/10 16:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「カフェ・ソサエティ http://movie-cafesociety.com/intro.php」6点
ミッド・ナイト・イン・パリでアカデミー脚本賞を獲得して意気盛んなアレンがハリウッドを舞台にした作品です。
1930年代の古き良きアメリカの映画産業界の華やかさとその裏でゴシップ、妬み、欲望が渦巻く人間模様
をアレン流に色鮮やかに描いています。
当時のファッション、ジャズ中心の音楽等を忠実に再現しながらハリウッドの黄金期に憧れとオマージュを込
めて再現していて本当に楽しめる作品です。

----出典:シネマトゥデイ
見どころ:第69回カンヌ国際映画祭のオープニングを飾ったロマンチックコメディー。1930年代のハリウッドを
舞台に、華やかな上流階級社会に飛び込んだ青年の恋を追う。メガホンを取るのは、数多くの名作を世に送
り出してきたウディ・アレン。『グランド・イリュージョン』シリーズなどのジェシー・アイゼンバーグ、『アクトレス 
〜女たちの舞台〜』などのクリステン・スチュワートのほか、ブレイク・ライヴリー、スティーヴ・カレルらが顔を
そろえる。黄金期のハリウッドを再現した美術や衣装に魅せられる。
あらすじ:1930年代。ニューヨークに暮らす青年ボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)は、刺激にあふれた人生を
送りたいと願いハリウッドに向かう。そして彼は、映画業界のエージェントとして大成功を収めた叔父フィルの
もとで働く。やがてボビーは、叔父の秘書を務める美女ヴォニー(クリステン・スチュワート)のとりこになる。
ひょんなことから彼女と距離を縮められて有頂天になり、結婚まで考えるようになるボビー。
しかし、彼女にはひそかに付き合っている男性がいて……。
-----

出演陣も豪華でアレンを尊敬する役者がそろった感じです。
主演のジェシー・アイゼンバーグは「ローマでアモーレ」以来の監督とのタッグ、女優として絶好調のクリステン
・スチュワートやブレイク・ライヴリー、そしてアメリカ有数のコメディアンのスティーヴ・カレル。
また撮影監督には「地獄の黙示録」などでアカデミー撮影賞を3度も獲得したベテランのヴィットリオ・ストラー
ロとこれも豪華。
ロマンチックで楽しい大人の恋を描いた秀作です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
バスラーのシネ通2017-46-823「カフェ・ソサエティ」 バスラーのシネ通/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる