バスラーのシネ通

アクセスカウンタ

zoom RSS バスラーのシネ通vol2017-33-810「ゴースト・イン・ザ・シェル」

<<   作成日時 : 2017/04/07 17:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「ゴースト・イン・ザ・シェル http://ghostshell.jp/」6点
日本のSF漫画をベースに実写化した話題作です。
監督や役者として日本よりも海外での評価が高いビートたけしが公安9課の課長役で出演しています。

----出典:シネマトゥデイ
見どころ:『スノーホワイト』などのルパート・サンダーズが監督を務め、士郎正宗のSF漫画「攻殻機動隊」を、
スカーレット・ヨハンソンやビートたけしらを迎えて実写映画化。近未来を舞台に、脳以外は全身義体の少佐
が指揮する捜査組織公安9課の活躍を描く。『イングリッシュ・ペイシェント』などのジュリエット・ビノシュや『シ
ルク』などのマイケル・ピットらが共演。敵と対峙(たいじ)する公安9課を、どのように描くのかに注目。
あらすじ:近未来。少佐(スカーレット・ヨハンソン)は、かつて凄惨(せいさん)な事故に遭い、脳以外は全て義
体となって、死のふちからよみがえった。その存在は際立っており、サイバーテロ阻止に欠かせない最強の戦
士となる。少佐が指揮するエリート捜査組織公安9課は、サイバーテロ集団に果敢に立ち向かう。
-----

主演のスカーレット・ヨハンソンは子供を産んだせいか少しぽっちゃり気味でしたがアクションはしっかりこなし
ていました。
でも、小悪魔的な雰囲気が売りだった彼女のキャラクターから少し違和感を感じました。
もしかすると演技の幅やキャリアを考えての出演だったかも知れませんが。
また、桃井かおりが後半から出演していてこちらは流暢な英語でセリフを話していました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
バスラーのシネ通vol2017-33-810「ゴースト・イン・ザ・シェル」 バスラーのシネ通/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる