バスラーのシネ通

アクセスカウンタ

zoom RSS バスラーのシネ通vol2017-29-806「キングコング:髑髏島の巨神」

<<   作成日時 : 2017/03/30 16:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「キングコング:髑髏島の巨神http://wwws.warnerbros.co.jp/kingkong/#introduction」6点
キングコングを扱った映画は数多くあって日本でも怪獣映画として東宝で作られて私も子供の頃にモスラやゴジラ
と一緒に見た記憶があります。
アメリカ映画ではエンパイアビルに登ったシーンが有名で、私が覚えているのはジェシカ・ラングがヒロインを演じ
た映画です。この作品では報道カメラマン役のブリー・ラーソンがヒロインです。

----出典:シネマトゥデイ
見どころ:キングコングを神話上の謎の島に君臨する巨大な神として描いたアドベンチャー大作。島に潜入した
調査隊が正体不明の巨大生物と遭遇し、壮絶な死闘を繰り広げる。監督は、主にテレビシリーズに携ってきた
ジョーダン・ヴォート=ロバーツ。調査遠征隊のリーダーを『マイティ・ソー』シリーズなどのトム・ヒドルストンが演
じるほか、『ルーム』などのブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソンらが共演。巨大な体でリアルな造形のキン
グコングの迫力に圧倒される。
あらすじ:コンラッド(トム・ヒドルストン)率いる調査遠征隊が、未知の生物を探すべく、神話上の存在とされてき
た謎の島に潜入する。しかし、その島は人間が足を踏み入れるべきではない“髑髏島”だった。島には骸骨が散
乱しており、さらに岩壁には巨大な手の形をした血の跡を目撃する。そして彼らの前に、神なる存在であるキン
グコングが出現。人間は、凶暴なキングコングに立ち向かうすべがなく……。
-----

ジャパン・カルチャーへのオマージュが詰まっている作品で至る所に日本が出てきます。
数あるキングコング映画でもCGを駆使した分、迫力と音響はすごかったです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
バスラーのシネ通vol2017-29-806「キングコング:髑髏島の巨神」 バスラーのシネ通/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる